子どものころの予防が将来のお口の健康を左右します~小児歯科~

いつから子どもの歯に注意すればいいのか、初めての歯医者さんに最適な時期はいつか、そんなお悩みをお持ちではないでしょうか? お子さんの歯は、乳歯が生え始めたときから、虫歯になるリスクを抱えています。つまり、生後半年くらいから、虫歯に気をつけてあげる必要があるのです。

ある調査によると「乳歯の時点で虫歯があった子は、永久歯が虫歯になる確率が10倍になる」とされています。お子さんは自分で自分の歯を守ることができません。周囲の大人がしっかり見守ってあげることで、将来のお子さんのお口の健康状態は変わってきます。当院では、まずはお子さんが歯医者に慣れるように、治療ではなく「検診」を受けていただくことをおすすめしています。歯が生え始めたらいつでも結構ですので、お気軽にご相談ください。

歯医者嫌いの子にならないために

歯医者に対してあまりよいイメージがないと、検診・治療にはついついおっくうな気持ちが出てしまいます。少々痛くても歯医者に行きたくないから、歯医者が苦手だから我慢する……。こうした歯医者嫌いは、歯を失ってしまうリスクを高めます。虫歯や歯周病といったお口の病気はしっかり予防できるもの。痛くないうちから、歯科医院で定期健診を受けたりクリーニングを受けたりできるようになれば、治療で痛い思いをしたり、歯医者を嫌がったりすることはなくなるでしょう。

子どもが歯医者を嫌いにならないために~親御さんへのお願い~

  • 歯医者さんで歯をきれいにしてもらうことはいいことだと教えてあげてください
  • 歯医者さんは歯を守るために大切な場所だと教えてあげてください
  • 歯医者さんに連れて行くときは、うそをついたりだましたりしないでください
  • しかるときに歯医者さんを脅し文句に使わないでください
  • 親御さん自身が歯科医院でリラックスしてください。緊張はお子さんに伝わります
  • 治療後はその場でしっかり、オーバーなほど、ほめてあげてください
  • 帰ってからも、次につながるよう、家族みんなでほめてあげましょう
  • できなかったことがあってもそこには触れないであげてください

子どものうちから予防をすることが大切です

お子さんの歯のことでもっとも気になる虫歯。乳歯・永久歯ともに、生え始めの歯は虫歯に対する抵抗力が強くないため、一度虫歯になってしまうとあっという間に進行してしまいます。また、虫歯には歯を削る治療が必要となりますが、歯を削ると歯の寿命を縮めることにつながります。

ごく初期の虫歯であれば、歯を削ることなく治癒できるケースもあります。さらに、定期的に検診や予防処置を行っていれば、虫歯は十分予防できます。どうぞ、早い時期から予防のために歯科医院をご利用ください。虫歯知らずのお口は、お子さんの将来への大切な贈りものとなるでしょう。

小児歯科メニュー

当院が行っている小児歯科の予防メニューをご紹介します。処置を行うときには、親御さんに同席してもらっています。また、待合室にはキッズルームも完備しております。

フッ素塗布

歯の表面にあるエナメル質を強化するフッ素。このフッ素を直接歯に塗ることで、虫歯になりにくい歯をつくります。抵抗力の弱い生えたての乳歯や永久歯に特におすすめです。

歯みがき指導

お口の中は人それぞれ環境が違います。年齢や歯並びなどによって、歯みがきのコツも異なるのです。お子さんのお口に合った歯みがき方法、歯ブラシの選び方、親御さんの仕上げみがきのコツなどをご指導します。

シーラント

奥歯にある複雑に入り組んだ溝に、樹脂(歯科用プラスチック)を使ってフタをします。この溝に虫歯菌や食べかすが侵入するのを防ぐのです。虫歯になりやすい部分ですので、虫歯予防に大変効果的でおすすめです。

東京都町田市|診療予約|医療法人社団 拓美会 木曽団地歯科

PAGE TOP