整った歯並びはお口の健康につながります~矯正歯科~

矯正治療は子どもがするものだとお考えではありませんか? 実は、矯正は大人になってから取り組んでも十分に治療効果が期待できます。歯並びが気になって、コンプレックスに感じたり、つい笑うときに口元を隠したりしているなら、矯正治療をおすすめします。まずはお気軽に当院へご相談ください。

矯正をするメリット

歯並びを整える矯正治療は、見た目の改善のみならずお口の清掃性が高まるため、虫歯や歯周病といった病気を遠ざけることにつながります。その他にも、矯正治療には次のようなメリットがあります。

矯正治療で得られるメリット
  • 歯の見た目がよくなる
  • 歯のでこぼこが解消されることで、歯みがきがしやすくなる
  • しっかり噛んだ食事ができ、消化器への負担が減少する
  • 息漏れによる発音障害が解消される
  • 噛み合わせが改善でき、体の歪みの解消につながる
  • コンプレックスが減り、精神的に前向きになれる

悪い歯並びの例

悪い歯並びのことを不正咬合(ふせいこうごう)といいます。代表的な不正咬合の例をご紹介します。

上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ)
上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「出っ歯」。上顎の過成長、下顎の成長が不十分、生まれつき下顎が小さいことで起こる。 下の歯列全体、もしくは下顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「受け口」。食べ物がうまく噛めず、発音にも影響が出る。
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ) すきっ歯
上下の歯列がともに前に突き出ている状態。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れたり唇が傷ついたりしやすい。 歯と歯の間に隙間がある状態。顎に対して歯が小さい場合や、先天的・後天的も含めて歯の本数が足りない場合に起こりやすい。目立つだけでなく、食べ物が挟まりやすい。
叢生(そうせい) 開咬(かいこう)
歯がでこぼこにズレていたり、重なって生えていたりする状態。顎が小さく歯がきれいに並ぶスペースが足りない、顎に対して歯が大きすぎといった場合に起こりやすい。代表的なのが「八重歯」。 奥歯を噛み合わせたときに上下の歯に隙間ができる状態。前歯で物を噛み切ることができず、空気が漏れやすいため、発音に影響が出やすい。指しゃぶりが原因となることがある。

当院の取り扱い矯正装置・矯正メニュー

メタルブラケット
歯の表面にブラケットを装着し、ワイヤーを通して歯を正しい位置へ導きます。ほとんどの症例に対応可能で、矯正装置の中でもっとも一般的です。金属製のため目立ちやすいのがデメリットですが、比較的費用を抑えられ、短期間での治療が期待できます。
クリアブラケット
目立ちにくい樹脂製の透明なブラケットを用いた装置です。構造としては、メタルブラケットと同じですので、治療効果もほとんど同じです。
セラミックブラケット
セラミック(陶製)のブラケットを使用した装置です。歯の色に合わせて色調を調整できるため、より目立ちにくくなります。治療効果は、メタルブラケット・クリアブラケットと同様です。
リンガルアーチ(舌側矯正)
歯の裏側に装着する矯正装置です。矯正していることがほとんど周囲からわからないことがメリット。治療期間がやや長くなる傾向がありますが、吹奏楽器を演奏されるなど、歯の表面に装置をつけられない事情がある場合におすすめです。
マウスピース矯正
透明なマウスピース型の矯正装置です。一定期間ごとに装置を作製し、交換しながら歯の位置を少しずつ移動させます。透明で目立ちにくいことに加え、取り外し可能であるため、食事や歯みがきが楽にできることが大きなメリットです。

東京都町田市|診療予約|医療法人社団 拓美会 木曽団地歯科

PAGE TOP